おかんのドタバタ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エジプト旅行4日目 カイロへ

今日もまたまた飛行機を2回乗り継いで、カイロに戻ります。7時にホテルを出発 午前中はカイロまでの飛行機の旅で費やされました


出ました!!ナイル川です。日本だともう海のような大きさです
ナイル川



今回 楽しみにしていたエジプト考古学博物館の正面玄関です。あの黄金のツタンカーメンが見れるのです
残念ですが、もちろん写真撮影は禁止で、入場前に預けました。
博物館前
庭には彫刻があちらこちらに置かれてます。全て国宝級です

たった2時間の見学だったので あっと言う間に終わってしまいました。
ツタンカーメンの財宝はあまりの多さに 実際の墓を見てきて 発見者カーターさんの発見当時の思いに触れたいと思いました。ツタンカーメンの血のついた器(内臓を保管した器)や王妃が贈った矢車草も展示されていて、黄金とともに圧倒され、リアルさを感じました。ミイラ館も入ってきました。あの神殿をつくったラムセス?世も休まれていました。爪・毛も残っていましたよ

 

道からピラミッド
カイロからピラミッドの町ギザに向かっていると いよいよピラミッドがチラチラ見えてきました
いよいよ明日は、ピラミッドとご対面です


カイロの町
カイロは都会でした。道路も4車線から6車線です。でも この町での運転は恐い 無謀ーーー日本はなんと交通ルールがしっかりしているのか!!!日本人でよかったなと思いました

いろんな車が走っていますが ドアを開けたままであったり 車線変更は突然車が入ってきて ハザードなんか関係ない世界です。横断歩道もなく、どうして渡るのか?カイロの人はうまく渡れるらしいですが!わたしなんかが渡る時は命がけですよ

一番びっくりしたのは 突然 追い越し車線の車が逆走 横の道路に入っていきました。ガイドさんによると こんな違反は珍しく警察に見つかると2?3カ月留置所暮らしになるそうですが


信号も3カ所ぐらいしかなく、カイロでは珍しい光景です
信号
普通は、警察官による交通整理が行われていて 信号があっても カイロの人達はだれも見ないそうです。信号が普及しない訳ですね


マークス
エジプトではどの観光地でも、観光ポリスが警護しています。カイロでは、そこに 警察犬も登場してました。シェパードがほとんどでしたが、たまにラブがいたかな!写真をとってもいいか?と尋ねましたら、みんなダメでした。最初に見たホテル前にいたゴールデンのマークス君だけが撮影OKをもらいました。このワンちゃん ホテルの入り口で入ってくる車の周囲を回り 不審な物はないか匂いをかいで調べるお仕事をしていました。




スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 20:22:30|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エジプト旅行3日目 アスワンからアブシンベルに

3日目は ルクソールからアスワンまで行き そこから アブシンベルまで計2回 飛行機を乗り換えていきます。通常は2?3日以上の日程ですが、駆け足短縮の行程ゆえ 朝早くから飛行機で移動です



アスワンに到着 約3時間弱の観光です

ここは、ルクソール宮殿やパリのコンコルド広場などに立っているオベリスクをつくった所です
下の石は長さ41メートルある未完成のオベリスクです。切りかけにヒビがはいって放置されたんですって!当時の人達は、木又は青銅器のくさびを打ち込んで岩を割ったらしいのですが、なんと気の長い根気のいる仕事でしょう
切りかけオベリスク


道の途中でこんなアフリカらしいかわいい荷物のトラックを見ました。
わたしのお気に入りのスナップですらくだトラック
らくださん達 どこにいくんですか?



あー忙しいです。12時発アブシンベル行き飛行機に又のりました。飛行機に乗っている時間は45分位なんですが この飛行機がまたビックリこんな小さなプロペラで大丈夫ですか?という機材でした。席はガラガラ 人数を数えたら乗務員の人を含めて12人! よく欠航にならなかったと感謝しました



アブシンベルに着陸する直前に飛行機からアブシンベル宮殿が見えてきました


空からアブシンベル


ダム建設によりナセル湖の水位があがり、神殿は水没の運命にさらされたのですが、ユネスコの呼びかけに世界各国が応じた結果 神殿は小さなブロックに切断されて同じような姿で移動できました。エジプトに行くならアブシンベルを見たいと思っていたのが やっと眼の前に現れます


1000円写真

アブシンベル大神殿の前で 今回のメンバーと記念写真です
砂漠の岩山に立つ神殿 スケールの大きさに圧倒されました。古代エジプトの凄さに驚きです。



小神殿前
こちらは小神殿 警備の人達ものどかです。



ライトアップ
アブシンベル神殿の音と光のショーの始まりです。イヤホンガイドで日本語の案内がありました。
ライトアップ 大神殿



アブシンベル神殿前・ナセル湖の夜明けです

夜明け


朝焼けのアブシンベル神殿です

朝焼けの神殿



エジプトの食事


極わずかしか海外旅行の経験はありませんが いつも合わないのが食べ物です。今回もあきらめていました。そして やっぱり期待通りでした
あまりに口に合わないので写真をとる気も起こらなかったのですがーーー
唯一撮った写真です
魚料理
香辛料の効いた地中海の魚のソテーです。お皿に白い物が見えますが、ゴマペーストのような物でパンにつけて食べるようです。どこでも必ず出てました


お菓子
甘いもの大好きなんですが、甘さのレベルが違いました。あまーーーーいです

ジュースは マンゴーとイチゴを飲みました。濃厚でフレッシュ おいしかったです
でも ここはエジプト 水にはくれぐれもご用心と言われています。
帰宅後 すぐにお勤め人になるので 用心!用心!と思いあまり飲まなかったのですが
最後の日 空港で飲んだイチゴジュースにやられました。帰宅後 ピーが発生 お腹は痛くないのですが2?3日続きましたです。



毎日飛行機で移動 朝7時出発のため 朝食はお弁当をお願いした日もありました
かわいい箱でしょう!
お弁当

中は
お弁当の中
パン チーズ ヨーグルト 一杯入ってます
アラブの人が体が大きいからたくさん食べるか 
体が大きいからたくさん食べられるのか
わたしに食べきれる量ではありませんでした


飛行機前で

アブシンベルからカイロに向かう日です
この日の飛行機も小さいでしたが、来る時に乗った物より大きく、乗客も多いのでヤレヤレです









































  1. 2009/10/30(金) 21:28:59|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エジプト旅行2日目 (後半)

繧ォ繝ォ繝翫ャ繧ッ逾樊ョソ蜈ィ譎ッ_convert_20091026203516
午後からは カルナック神殿の観光です。ルクソールの町の中にあります

姉さん  思っていたより ちっさい神殿やな!

姉さん 何をおっしゃってますか!ここは エジプト最大の神殿でございまする
        中に入ると 広いですぞ
繧ケ繝輔ぅ繝ウ繧ッ繧ケ縺ョ蜿る%_convert_20091026203544
スフィンクス参道 牡羊頭のスフィンクスが並んでいます

螟ァ蛻玲浤螳、_convert_20091026203650
大列柱室です
134本の巨大な柱が並んでいます
この光景に見覚えありませんか?今回のモデルは姉さんですが、ナイル川殺人事件の舞台になったところで、同じ様なシーンがありました


エジプトの日中 ホント暑かったです。持参のポカリをがぶ飲みしていたのですが、オシッコ・汗はあまり出ず、どこから飲んだ水分がでていたのか?

疲労もピーク ホテルに帰りお昼寝時間です

カルナック神殿は ライトアップでの観光になりましたです。

螟懊Ν繧ッ繧ス繝シ繝ォ逾樊ョソ蜈ィ譎ッ_convert_20091026203809
道路から見た ルクソール神殿です

螟懃・樊ョソ險倅サ」豎歙convert_20091026203910
スゴイ人であふれかえっていました。夜になると、過ごしやすくなりましたので、観光客は同じ行動をとるのですね!ターバンを巻いたおじさん2人 何物か?
写真を撮るならここが人が少なくて、ベストといったのか?姉さんと一緒に横の入った所に案内してくれましたがーーー

繝舌け繧キ繝シ繧キ_convert_20091026203619
カメラのシャッターも押してくれてーーーーでました!エジプト慣例のバクシーシ=チップの要求が
こちらから頼んでいるわけではないのに



関西のおばさん二人組はーーーーー無視をして立ち去りましたです

ちょっと 後を追っかけられないかとドキドキしましたが
姉さん 一緒に写真に入ってもらったら まだバクシーシの要求もわかるが 何でこの位の事で払わなあかんのか?とーーーー日本のおばさん強しです

繧ィ繧ク繝励ヨ縲<div class=
  1. 2009/10/26(月) 21:45:00|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エジプト旅行 2日目 (前半)

 エジプト観光・初日、 ルクソール東岸・西岸です
予定では 東岸の神殿からの観光だったのですが ガイドさんから「ホテル8時出発 西岸の王家の谷からです」と予定変更でした。この予定変更になった訳は、現場に行き 身にしみてわかりましたです
 
   DSCN0588_convert_20091015213532.jpg
ルクソールの町から車で50分ぐらいで王家の谷に到着です。ナイル川を渡ってます。信号もなく、牛の馬車が歩いていたり 道端で人が座っていたりするのどかな村の中をアスファルトの道路が走っていました。

古代エジプト人 いくら時間がゆっくり流れていても こんなに神殿から王家の谷・墓まで遠かったら どうしてミイラや埋蔵物を運んだのか? ガイドさんに尋ねましたら

ナイル川で運んだそうです。 ここで ガイドさんから ビックリする注意がありました。
墓の中での撮影は以前から禁止されていましたが、王家の谷はカメラを使えていました。ところが今月になり、王家の谷の撮影も禁止されました。入り口でカメラを預かります。と

えー ビックリ 理由を聞きましたが ガイドさん 現地の運転手さんもわからないとーーーエジプト考古学博物館・ピラミッドの中・アブシンベル神殿の中 撮影禁止の注意をうけましたが、何故ダメになったのか?は現地の人もわからないそうです

建物の中の禁止はまだ理解できるのですが、王家の谷は砂山の間の風景なのにーーーなんでや!とびっくりしましたです 
   DSCN0608_convert_20091015213655.jpg
    王家の谷のセキュリティー・チェック 駐車場です。写真を撮っている姿があったので わたしもとシャッターを押すと、説明したのにとガイドさんに怒られ カメラを車に没収されました。

   DSCN0615_convert_20091015213820.jpg

エジプト観光 どんなところ・時間でも、空港と同じように持ち物を器械に入れ 中身の点検があります。王家の谷に行くのに上のようなカートに乗りいきました!は ハトシェプスト女王葬祭殿に行くカートです

王家の谷の入場で自分の好きな墓に3つ入れるのですが ツタンカーメンだけは別料金が必要です
王家の谷の入場料は80エジプトポンド=日本円で1600円  ツタンカーメンの墓の入場料は100エジプトポンド=日本円2000円でした。 ちょっと お高いのにびっくりしました。

どの墓も紀元前に造られているのに 壁画の鮮やかさ 清明さが残ってました。古代エジプト文明を題材にした映画・ドラマに出てくる人々の装いです。これが参考になっているので当然なんですが

ツタンカーメンのミイラ 石棺 人形棺も見てきました。ツタンカーメンはホント小さな人でした。墓も狭いのですが、あんなたくさんの埋蔵物を発見したハワード・カーターの驚き・気持ちを考えると、ドキドキしてきました。他の墓も荒らされずに、全てが残っていたら凄かったのにと残念ですね 

車に乗り 数分でハトシェプスト女王葬祭殿に移動です

   DSCN0626_convert_20091015214119.jpg
  崖を利用して3階建ての葬祭殿です。
 1997年にこの前で襲撃事件があり、日本人観光客も射殺されて所ですが、行ってみて 逃げる所がなく 事件場所に選ばれたのがわかった気がしました(変な感想ですが)
   DSCN0648_convert_20091015213309.jpg

観光していると 頭がフラフラしてきました。本日の気温は40度近くまで上がってきているそうです。でも 汗はでていません。喉はよく乾きます。ふらつきは、サンバイザーのため頭に日光が直撃しているためか?と スカーフを頭にのせ、お日さんをカバーしました。ゼンゼン違いました。

つるピカリのおじさんの気持ちがわかりました。

日本の暑さと違うのですよね!湿度が少ないから、壁画の状態も保てたのでしょうね
高松塚古墳のカビの話を思い出してしまいました。

お日様をさえぎる物がないルクソール西岸の観光 まだ お日様の力の弱い午前中に回れてよかったです
  1. 2009/10/16(金) 20:11:54|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エジプト旅行 1日目 2009年9月27日

 エジプト旅行から帰り 1週間経ちました
エジプトツアーなら8日or10日の日程がほとんどですが 休みが取れないお勤め人ゆえ5泊6日でエジプトの主要な観光が入っているツアーを見つけ飛びつきました!
 強行日程のつけか?楽しかった後にはーーーーの通り 帰宅後の1週間 ホンマ時間が経つのがこんなに遅い?と溜息つきながら仕事をしてました。しんどかったです。
バタバタの毎日でしたが やっと体調回復 エジプト旅行記を書こうと気力も涌いてきましたがんばります

ワンコ達は 生駒のバブちゃんのおばさん 警察訓練所にお願いして エジプトに出発です


12時前に団体受付でeチケットをもらい 14時15分の出発予定が
「本日MS963便カイロ行きは 1時間出発が遅れます。カイロでルクソール行きに搭乗するまで2時間あるので 間に合います」

免税店にも興味なく 14時頃搭乗ゲートでボーとしていたのですが ホルス印の飛行機は影なく 朝10時に家を出てきたのに 何時になったらのれるのか?ホンマ 飛行機はわからんです!でも 上には上が 放送で 聞き取れなかった飛行機会社ですが 中国系だったのですが2時間30分の出発遅れがあると ヒッヤーです

DSCN0527_convert_20091010134051.jpg

15時45分離陸 ようやく空の人になりました
DSCN0533_convert_20091010134214.jpg
今日の夕食です
機内食は いつも食べられない!!!好き嫌いがけっして激しいのではないのですよ ただ 香辛料と外米が食べれなく 柔らかい団子のようなご飯も苦手で
エジプト航空の今回のは 食べれました。味はほとんどなかったのが幸いしてか アップルパイの美味しかったです

でも 朝から冷蔵庫のある物でお弁当を作り持ってきました
DSCN0539_convert_20091010134331.jpg
やっぱり 日本食 おいしいでした

DSCN0546_convert_20091010134513.jpg
おやつも持参です。これからの毎食 食べ慣れていない物を食べられないので このラスクが主食になるのですが  お気に入りのおやつです
 
DSCN0556_convert_20091010134631.jpg
出発時間が遅れましたが 予定通り到着です

DSCN0568_convert_20091010134803.jpg
カイロ空港23時25分出発ルクソール行きに搭乗してます
タラップで乗るのは 久しぶりです。

カイロ空港で搭乗手続きのとき びっくりした事が発生

大きな団体ツアーが何組もあり 飛行機は満席だったのですが、わがツアーは5人の少人数なのに なかなかチケットが発行されません。みんなで トランクの確認が取れないのかな?と話をしていたら
現地案内の人から「この5人グループの人の席は確保されました。でも 後ろ日本人3人グループは一人しか席がなく 2人は空港近くのホテルに泊まり 明日早朝3時45分?のルクソール行きになります」説明  ホンマ エー です!!! エジプト航空 時々 ダブルブッキングの発生があるそうです。お気の毒でした。

DSCN0576_convert_20091010134933.jpg
ルクソール空港につき やっとトランクが出てきましたです!以前 ミラノ空港でロストバゲージを経験した事があり 自分のトランクを手にして 本日の予定は終了 ヤレヤレでした
 
明日は 王家の谷 ルクソール カルナック神殿の観光です





  1. 2009/10/10(土) 14:10:06|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

なっちゃんママ

Author:なっちゃんママ
MIX犬ポチ 
 1995/月日不明  ♂ 顔は怖いが心穏やかな爺さん

キャバリア なっちゃん
 2001/4/28 ♀ 超大人しい猫的性格のおばさん

トイプー くるみ(通称・クーちゃん クー子)
 2005/9/30 ♀ 超ハイパー娘 

アメショー ポコ
 2000/2/14 ♀ 土を踏んだことがない箱入り猫

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

おかんの独り言 (20)
ワンにゃんの日常 (8)
パン教室 (4)
健康・病気 (4)
お出かけ (8)
おいしいもの (3)

Basic Calendar

<06 | 2017/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。